毎日毎日忙しくてばたばたしているうちに桜の花も咲き始め、ひそかに恐れていた3月28日が来てしまいました。今夜は、どう考えても分不相応なことに私の本「永田町記者日記 阿比留のブログ」の出版記念パーティーがあります。政治家や自民党各派閥の政治資金パーティーにはよく取材に行きましたが、タテマエ上は自分が主役のパーティーというのは結婚式を除けば初めてで、ずっと緊張しています。

 そりゃあ、大変ありがたい話ではあるし、身に余る光栄なことではあるのですが、なんだか不思議で。産経新聞出版に聞いたところ、本の売れ行きも「ネット販売は好調だけど、書店では『並』」ということだし、事務局側がいろんな方に声をかけたので、いわゆる偉い人や立派な人もたくさん来てくださるそうで、ただ平凡なサラリーマン生活を送り、ヒラ記者をやっていただけの私には、何がなにやらいやはやはてさて。

 まあ、パーティーには、このイザのブロガーのみなさんや読者の方も来てくれるそうですし、めったにない(一生に一度?)機会なので、楽しんでこようと思います。出席者のみなさんが、何を話してくれるのかも楽しみです。あまり人様の関心をひくようなことはないかもしれませんが、内容は、後日のエントリで紹介したいと思います。

 それと、これだけでは本日のエントリはあまりにも手抜きなのでもう一つ、記事の予告をさせてください。先日、安倍首相夫人の昭恵さんにインタビューをしてきましたので、近く紙面とブログで紹介します。昭恵さんの本当に飾らない人柄と率直さ、首相への思いが伝わればいいなと考えています。30分間の限られたインタビュー時間ではありましたが、安倍首相が公邸(私的スペース)でどんなことを話し、どうすごしているかも一部、紹介できそうです。

 パーティーまでに片付けないといけない仕事が山積しているので、きょうは半端なエントリになりましたが、どうかご容赦ください。それでは失礼します。