今朝6時16分ごろ、このブログへの累計トラックバック数が1万に達しました。そのうち何割に目を通せているかと思うと心許ない限りですし、この数字は客観的にはどう評価できるものなのかは分からないのですが、とにかくいろいろなご意見・見方・情報を寄せていただいてることに感謝します。内容も文章も拙いここへ、たくさんの方々が訪問してくれることに、本当にありがたいと思います。

 

 また、おそらく本日中に、累計コメント数の方も、私が返事を書いた分を合わせて6万に到達するだろうと思います(累計アクセス数では、他の記者ブログに100万以上引き離されていますが。※追記 何とか11日中に6万コメントに届きました)。ブログのコメントやトラックバックを通じ、さまざまなことを学ぶとともに、ときに嬉しくなり、ときに腹を立てたり、悲しくなったりもしました。その経験はもう自分の中で切り離せない血肉となっていると感じています。

 

 その中で私自身、報道や社会のあり方などについて、いろいろとモノの見方や考え方、視点が変わってきた部分もあります。けっこう頑固なので根っこのところは変わりようがありませんが、これだけ多くのコメントやトラックバックを拝読すれば、影響を受けずにいられないのは当たり前なのでしょう。私は、一部の嫌がらせや甚だしく礼を失したもの以外は、みんな何かを教えてくれるものだと思っています。

 

 私はもとより物理的にはともかく、精神的には幅の広い人間ではありませんし、博学でも博覧強記でもない偏った人間なので、すべての問題に関心を抱いたり、まして意見・見識を持ったりすることはできません。でも、このブログの運営を通じて、そうした自分の足らざるところ、欠けている部分について勉強させてもらっています。私自身の能力の問題もあって、それを消化し、仕事に生かせているかというと、これまた怪しいのですが…。

 

 ともあれ、改めてお礼を申し上げるとともに、これからもよろしく(できたらお手柔らかに)お願いします。