歴史的な衆院選まであと1週間と迫りましたが、本日はあくまでマイペースに、6月28日以来、実に8週間ぶりの読書エントリとします。これまで大体4週間に1度ペースで本の紹介をしてきたので、ずいぶんたまってしまったこともあり、ずっと気になっていたのです。本日は休みなので、例によっていいかげんでテキトーな読書評を書き散らすことにしました。

 

 日頃は分かったような顔をして自ら「俗」にまみれ、「俗」が受肉化したような政治家たちの言動を追い、取材するのが仕事なので、やはり現実からひとときでも離れる読書は欠かせません。そうしないと私のように精神的キャパの小さな人間はどうしても煮詰まってしまいますから。いやあ、読書はいいなあ、ホント。精神がリフレッシュされます。

 

 で、今回はまずは、昨年11月9日の読書エントリで「感銘を受けた」「圧倒された」と記した「獣の奏者」の続編「探求編」と「完結編」(ともに☆☆☆★)からです。うーん、楽しみにしていたし、実際とてもおもしろかったのですが、やはりいったん完結していた前2作「戦蛇編」と「王獣編」があまりも物語として〝完璧〟だったもので、どうしてもちょっと蛇足感がぬぐえず…。ちなみに、昨年の段階では☆マークでの独断と偏見による評価は入れていませんでしたが、前2作に関しては☆5つの最高点をつけたいと思います。 

 

   

 

  次の「武士道エイティーン」(☆☆☆★)も出るのを楽しみにしていた作品でした。「シックスティーン」「セブンティーン」(この二つは☆☆☆☆)と、2人の女子高生を主人公にしてきたこの爽やかな3部作も完結してしまい、寂しい気すらします。作者の誉田哲也という人は、「ジウ」のようなどろどろな暗黒的小説と、この武士道シリーズのような青春小説をよくもまあ、見事にかき分けるものだと感心するしかありません。

 

     

 

  次は事件の後遺症で心を病み、休職中の刑事が主人公という珍しい設定の警察小説です。北海道警を舞台にした一連の佐々木譲氏の作品は安定感があって安心して手を出せますが、この「廃墟に乞う」(☆☆☆)も読ませました。まあ、休職中の刑事がこんなに頼られるものか、自由に動けるものかという点には少し引っかかりも感じましたが。

 

     

 

  人気作家、今野敏氏の新刊「同期」(☆☆☆)は、どうなんだろうなあ、読み手によって評価が分かれそうです。警察組織の中での同期の絆を軸にストーリーは展開するのですが、個人的には、この人はもう少し年齢が上のキャラクターを主人公にしたときの方が上手いという気がします。「隠蔽」シリーズや「安積班」シリーズのように。表紙絵は、警視庁ですね。ここの1階の食堂では、担当記者時代、よくカツオ丼を食べました。

 

     

 

 今度の作品「三匹のおっさん」(☆☆☆)は、 気になってはいたものの今まで読んだことのなかった有川浩氏のものです。定年世代の幼なじみ3人組が、持ち前の正義感に暇つぶしも兼ねて地域限定正義の味方として活躍し、それを通じて家族関係もいつのまにかよくなって…という読んでいて気持ちのいいストーリーでした。いつか続編が出るかも。

 

     

 

  三浦しをん氏の作品では、これまでもこの読書エントリの中で、駅伝ランナー、便利屋、林業初心者…を描いた小説を紹介してきましたが、今回の「仏果を得ず」(☆☆☆)の主人公は文楽の太夫ときました。よほど取材が好きでかつ取材が「できる」人でないと、こうも違った分野を書き続けて成功できるものではないだろうなあと思います。しかし、女性作家が描く若い男性というのは、女性の強さに比べてどうしてこうぐずぐずと情けないのかな、とどうでもいいことも感じました。まあ、そういう風に写っているのでしょうし、実際そうなのかもしれませんが…。

 

     

 

 で、次は2001年に「翼はいつまでも」(最高!)で「本の雑誌」ベスト1に選ばれた川上健一氏の「ジャパン・スマイル」(☆☆☆★)です。帯に「あなたの心に元気がともる101の小さな物語」とある通り、見開き2ページの温かい、主に家族をテーマにしたショートストーリー101話で構成されていて、内海隆一郎氏の「人々シリーズ」をさらに短くしたような印象もあります。で、読み始めてときどき記憶にある話があったのですが、「ビッグコミック」に連載されていた際に読んでいたようです。

 

     

 

  清水義範氏は一時期、片っ端から読んでいた作家なのですが、今回は久しぶりに書店でこの「首輪物語」(☆☆★)を見つけて手を出しました。表題作は見てすぐ分かるように「指輪物語」のパスティーシュ小説で、このほかNHKの「プロジェクトX」だとか民放の旅行合コン番組だとか、いろいろとパロディ化した作品が収録されています。清水氏の短編はいくつか非常に私のツボにはまるものがあり、特にサルカニ合戦を司馬遼太郎の文体で描いた「猿蟹の賦」は本当に笑いながら泣けます。石臼がいかにして蟹の説得を受け入れるかなど…。

 

     

 

 日経新聞が☆5つをつけていたというので読んでみたのですが、この「日無坂」(☆☆★)もどうかなあ。確かに、大店を継いだ父と道を踏み外した息子との確執と相克、家族の描写に感慨を覚え、頷かされる場面もありますが、全体としては中途半端なような。もっと枚数を費やして書き込んでもよかったように感じました。私の趣味や読解力の問題なのかもしれませんが…。

 

     

 

 このところ、しばしば読んでいる原宏一氏の「極楽カンパニー」(☆☆☆)には、改めてサラリーマンにとって会社とは何だろうかと考えさせられました。登場人物が「会社勤めの様式美」を語るシーンなど、読んでいてかけあいがとてもおかしいのに、同時にうならせられるというか。この作品も、定年を迎えた会社人間たちが「会社ごっこ」を始めたころから始まる騒動の顛末を描いたものですが、私がここ数年読んだ本には本当に定年(後)を舞台にしたものが多い気がします。それだけ、そういうニーズがあるということなのでしょうね。

 

     

 

 最後に、前回の読書エントリで初めて取り上げた上田秀人氏の作品を一気に。みんな徳川時代の幕府官僚でありサラリーマンである武士(旗本、御家人)を 主人公にしたものです。主人公の役職・身分の設定はそれぞれ違うのですが、基調はみんな一緒(失礼!)なのでまとめて紹介します。評価はまとめて「☆☆☆」です。

 

   

 

  この上田氏は、ある意味、正統派の時代小説エンターティナーですね。立身出世、ほのかな恋、剣劇、忍者、大奥、徳川家の秘事…と徹底的に読者を楽しめることを意識して書いているのだろうなと感じました。上田氏は、現職の歯科医でもあるそうですが、どうしてこう武士という名のサラリーマンの悲哀、組織のあり方に詳しいのかな、とも感心させられました。読み出したら「やめられませんな」となります。

 

     

 

 

      

 

  

     

 

 本日はついでに漫画作品も一つ、「蒼太の包丁」(実業之日本社)を紹介しておきます。その質の高さ、おもしろさに比べ、知名度・認知度がいまひとつでもったいないと思うからです。すでに21巻まで出ているのですから、固定ファンはそれなりに多いと思うのですが。もっとメジャーになっていいはずです。

 

     

 

 主人公は北海道出身で、東京の料理屋で働いています。料理人を主人公にした漫画はけっこうありますが、その中でもかなり完成度が高く、かつ何よりおもしろい作品の一つだと思います。といいつつ、きょうはあとでブックオフに売りにいく予定なのですが。本棚に置いておくスペースはないし…。