政府は昨日、天皇陛下の公的行為に関する「統一見解」を発表しました。公的行為に当たるか否かは「統一的ルールを設けることは現実的ではなく、個々の事例に則して判断する」というもので、それはそれでまあ一応分かるのですが、それに関する平野博文官房長官の説明が実にひどいものでした。記者の質問と噛み合っていないどころか、はぐらかし、詭弁を弄し、強弁で誤魔化す…という不誠実そのものの保身的対応でした。

 

 民主党は確かに、昨年の衆院選で国民の期待を背に大きな議席を獲得しました。だからといって、選挙に勝ったら何を言ってもやってもいいんだという姿勢はいかがなものでしょうか。国会答弁でも、菅直人副総理・財務相をはじめ質問にまともに答えず、ただ「自民党はどうだったんだ」という逆上したかのような逆質問で話をそらそうとする場面が多々見られます。権力をふるう立場の人には、もう少し謙虚であってほしいと願うのですが、無理な望みなのか。

 

 さて、この「統一見解」と「天皇の政治利用」をめぐる平野氏の記者会見について、今朝の新聞各紙は以下のように書いています。

 

 産経《平野氏は25日の記者会見で「本来、憲法で言っている概念からいくと、天皇は国政に関する権能を有しないので、政治利用が存在することはあり得ない」と強調し、政治利用の論議自体を否定した

 

 読売《公的行為への内閣の関わり方のルールがないと天皇を政治利用する懸念が解消されないのではないかと尋ねる記者団に、平野は「政治利用というのは誰がするんですか。それはできないんですよ」と繰り返し、質疑はかみ合わなかった。(中略)一連の混乱で問われたことの本質は「1か月ルール」の是非ではなく、「選挙で選ばれた正統性は何ものにも勝る」という意識による抑制を欠いた権力感覚だ》

 

 朝日《昨年末の中国要人との「特例会見」が天皇の政治利用ではないかと批判されたことがきっかけで始まった議論。しかし平野博文官房長官は25日、「天皇の政治利用はあり得ない」と繰り返し、こうした懸念に背を向ける姿勢を鮮明にした

 

 東京《政府見解は、公的行為について「内閣が憲法の趣旨に沿って行われるよう配慮する責任を負っている」と指摘するにとどめ、統一的なルールを示さなかった。このため、内閣が公的行為として、恣意的に政治利用できる余地が残った

 

 …まあ、そういうことですね。小沢一郎幹事長の意向を受け、平野氏や鳩山由紀夫首相が天皇陛下と習近平副主席との会見を強引にセットしたことに対し、思ったより批判が大きかったのでとりあえず取り繕ってみせました。けれど、反省はしていませんよ、僕たち悪くないもん、というところでしょうか。次に、平野氏の記者会見でのやりとりを掲載します。初めから半ば喧嘩腰かつ逃げ腰です。

 

記者 公的行為の話。今回の政府の見解では、政治利用を避けるルールが現実的でないようだが、これは逆に政治利用を生む余地がある。政治利用をどう考えるか

 

平野氏 質問をしているところもわかっていないんじゃないの、今の発言。政治的利用ってのは誰がするんですか?

 

記者 鳩山内閣として政治利用することはないし、できないといっているが

 

平野氏 それはできないんです。もちろん。誰がするんですか

 

記者 その意味する政治利用は…

 

平野氏 できない

 

記者 それは法律上できないと?

 

平野氏 象徴天皇という憲法に書かれている概念からいくとない。それをあたかも政治利用のようにいうこと自身がそもそも軸が違う。

 

記者 そもそも政治利用がないということだが、中国の習近平副主席との会見をめぐっては、羽毛田宮内庁長官も懸念を表明したし、誤解を生むような会見を避けるためのルール、ルールかは別にして、政治利用を避けることを何か政府として基準を設けておこうという考えはないか

 

平野氏 ちょっと待って。今のルールというのは、1カ月ルールを犯すから、あるいは破ってやるから政治利用ということを言っているわけ?何をもって政治利用っていってんの。あなた。何をもって政治利用という?

 

記者 憲法解釈上存在しえないと長官が言っているのはわかるが…

 

平野氏 そうです

 

記者 今回の会見をめぐってもそういう懸念があると表明する人もいる。そういう誤解を生まない基準作りはあってもいいのかなと

 

平野氏 そういうことじゃなくて、天皇陛下の国事行為、それ以外のところについては私的行為、公的行為という3つの区分をされるが、国事行為、私的行為以外を公的行為とくくっているわけですよ。公的行為の概念の中のルール、統一見解を求められた。そうすると、これは公的行為です、これは公的行為でありませんということを個々に全部羅列して、国事行為だけは憲法上に明確に書いているわけですよ。それ以外全部、これから陛下が動かれることについて、これは私的行為ですか、これは公的行為ですかということを、明確にそこにルールとして明示することによって縛られるじゃないですか。ですから、個々に起こってきた、これからも起こりうるだろうというのは、個別に判断することの方が賢明ではありませんかと。

当然、象徴天皇としてのことは前提として、陛下については公的行為、国事行為をやっていただくということですよ。国政に関しての権能を有しないというのが、そもそも一番の理屈ですから。それが有するという概念に立つと政治利用という概念がでてくるわけですから。国政に関する権能を有しないという規定の中で、わたくしは天皇の公的行為が憲法の趣旨に沿って行われるよう内閣としては配慮すべきである、その責任があるという概念です。

 

記者 政府見解、3番目のところは公的行為の定義づけで統一見解はないとうことだが

 

平野氏 憲法上、公的行為とは何やというのはない。あくまでもあるのは国事行為としての部分しかないですから、以外をみると陛下の私的行為を除けば公的行為という概念に入るんじゃないでしょうかと。全国の植樹祭とか、体育大会とか、これは私的行為ではありませんから。公的行為ですから。そういうものがずっと上がっていったときに、それぞれ個別に新たなもので陛下をお招きしたもので云々と、あらたなものが生まれる可能性だってあるんですよ。今、ここで明文化しておくと、具体的に起こったときに、これは公的行為でもない、国事行為でもない、私的行為なのかということになるわけですから、その都度判断すべきことじゃないでしょうかということが、今回公的行為についてということを申し上げているわけです。

 

記者 1カ月ルールには触れていない

 

平野氏 これは公的行為とか、そういうことのあれじゃなくて、あれは外務省と宮内庁の間で決められているルールですので、これは公的行為の部分ではありません。6カ月ルールとかいろんなルールがあるようですから。

 

記者 公的行為は非常に幅が広い。習副主席のときに問題になった、外国人賓客との接遇では相手国の政治的思惑もからむ。自民党政権でも問題になった。政府として配慮しなければならない点はどういうところか

 

平野氏 配慮すべきところというのは、今の現時点の状況で言えば、陛下の健康を十分配慮して対応しなきゃいけない。これは当然だと思いますよ。

 

記者 相手国が接見を熱望して、それが国際的非難を浴びている国とかパターンはあるが、そういうところでの考慮は

 

平野氏 それは一概にそのことについて、どうのこうのとは私はいえないと思う。あくまでも陛下へのお願いは、国際親善という大きな役割を担っていただくということですから。

 

記者 習副主席のことだが、官邸としては国際親善という強い希望があった。大事だと思ったら会ってほしいと。外国要人との接見では、国際親善上、会ってほしいと、そこにつきるのか。いろんな要素が、例えば相手国の熱望、どんな国か、いろんな事情があると、そこに政治利用の余地が生まれない

 

平野氏 そこは生まれないと思いますけどね。そういう生まれるような状態は起こってこないと思いますけどね。そこんとこ、みなさん方の認識と少し違うんですけどね。習近平副主席のことだけを申し上げますが、他にも1カ月ルールが壊れたと言うことで言っていますが、過去にいっぱいあるわけですよ。それは言われずに、このことだけを発信すること自身が、私そもそも見方としてバランスを欠いているなと。逆にオバマさんだって、会うとき1日遅れたと、変更しているわけですが、これについては何も言われないとかいう形の方が、私は素直さにおいては少し違うのではないかなと。あれだけ国会でも言われましたけど、もう少し冷静に物事を見られたら、まったく違うんじゃないかなと。われわれとしては十分、陛下の引見とか、要人にあってもらうときには十分そういうことにならないように配慮する、その責任があるのは当然です。

 

記者 政治利用の問題はかねて指摘されてきたが、政治利用の問題は存在しないということが長官の考えか?

 

平野氏 存在することは僕はあり得ないんだろうと思います。本来、憲法でいっている概念からいくと。

 

記者 習副主席の件では、国際親善で天皇はやっており、外交の場に持ち込んではいけないというこだが、ここまでくれば外交の場に持ち込んだということになるとか、そういう意味で政治利用という論点があるのではないかと思うが。

 

平野氏 私はないと思います

 

記者 有識者も言ってきたが、その論点は否定する?

 

平野氏 いやいや。論点は、見方はいろいろ言われるけれども、政府としてはそれはないと。

 

記者 自民党政権ではなかった?

 

平野氏 自民党政権時代は私わかりませんけど、どういう状態で起こっているか知りませんが、今回の案件でいえば、私はない。今、習近平氏のことで言われてますが、そういう政治利用という概念でお願いしたつもりはまったくありませんし、そんなつもりはありません。

 

記者 今回のことはそうかもしれないが…

 

平野氏 今回のことしか、私わかりませんから。どの事象でもっていわれているのか。

 

記者 自民党の谷垣総裁から見解を出してほしいと言うことだったが、政府見解として今回のことに限らず、ルール作りした方がよかったのではということだと思うが

 

平野氏 いや、ですから、いろんなパターンがありますから、一定のルールをつくっていくというのは非常に難しいということが政府の見解として出します。

 

記者 国会の答弁では政治利用の問題があるから、公的行為について見解をということだったが

 

平野氏 政治利用の問題は、だからないと言ってるじゃないですか。今回も、習近平さんの件については

 

記者 谷垣氏からそういう指摘があったが、そういう問題はないとの前提で今回の見解をつくったということか

 

平野氏 もちろん、そういうことです。》

 

 確かに、憲法4条は「天皇は、国政に関する権能を有しない」と規定しています。しかし、条文にそうあるから政治利用はあり得ないんだという論理展開は子供の屁理屈のようでいただけません。要は、自分たちは政治利用などしていないと主張したいだけなんでしょうが、やりとりを聞いていてこれが日本の現状かと悲しくなります。

 

 さてそれでは、これに関する鳩山首相自身の考えはどうなのか。昨夜の記者団とのやりとりは以下の通りです。こういう国の根幹にかかわる大事な問題で、官房長官と首相がろくに打ち合わせもしていないことが分かります。どこまで能天気なんだこの人たちは。天を仰ぎたくなりますね。

 

 《記者 今日、官房長官が記者会見で、天皇の公的行為についてだが、「憲法上、天皇の政治利用は有り得ない」と発言したが、総理も、同じ考えでよいか

 

鳩山氏 憲法上、天皇陛下の政治利用が有り得ないという言い方が、私にはよく分かりません。それはどういう意味なのか。

 

記者 政治利用は

 

鳩山氏 (さえぎるように)政治利用をされては、当然ならないということは、言うまでもありませんし、そこは、私どもも、守らなければならない話だ。そのように考えています。

 

記者 でも、長官が「これは政治利用でない」と言ってしまえば、政治利用でなくなることになる。恣意的という批判が出ると思うが、それについて考えを

 

鳩山氏 何をもって、だから、公的行為というものは、それこそ憲法のなかで明確にはうたわれていない。憲法の条文のなかで読み取るんだという話はありますが、明確に書かれているわけではありません。その意味で、政治利用はないという風に申したのかもしれませんが、当然、憲法の中で申し上げれば、当然そうなると思いますが、政治、天皇陛下を政治利用するようなことがあってはならないことは言うまでもありません》

 

 曖昧模糊とした、不条理で意味不明の日々を送っています。