さあて、とうとう民主党の小沢一郎前幹事長が正式に代表選への出馬を表明しましたね。私は昨年12月12日のエントリ「現実味が出てきた小沢首相という悪夢」(http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/1379510/)で、この人の意欲がだんだん増してきたのではないかと指摘していましたが、この厚顔ぶり、もとい、軽佻浮薄な世の風潮に流されない姿勢はさすがです。記者会見に臨んだ無表情な顔が、チタニウム合金に見えた(渋く輝いてみえた)ほどです。

 

 小沢氏は、これまでも「国民が望めば仕方がない。天命に従う。そうでなければ代表なんてやっていない」「わが党が衆院でも過半数を得れば、その責任を負わなくてはならないのは当たり前だ」などと、首相就任を拒まない考えは示していました。でも、健康不安やさぼり癖、説明嫌いもあって、結局は出ないのではないかという見方が多かったですね。

 

 「国民が望めば~」なんて口では言っていますが、先日(8月28、29両日調査)の産経とフジテレビの合同世論調査では、こんな結果が出ています。少なくとも、6~7割の国民には、思いっきり拒絶されているように感じるのですが…。

 

 【問】菅総理が再選され、続投したほうが良いと思う

 「思う」(74.2%)   「思わない」(21.3%)

 

 【問】小沢氏の立候補表明は適切ではないと思う

 「思う」(77.1%)   「思わない」(19.0%)

 

 【問】小沢氏の立候補表明につながったとされる菅総理の「脱小沢」の方針は評価できると思う

 「思う」(71.4%)   「思わない」(19.2%)

 

 【問】鳩山前総理が小沢氏支持を表明したことは適切だと思う

 「思う」(15.5%)   「思わない」(77.3%)

 

 【問】小沢氏は政府や民主党の中で重要な役職に就くべきだと思う

 「思う」(26.6%)   「思わない」(67.4%)

 

 【問】菅総理以外の新しい総理に代わったら、直ちに解散して国民に信を問うべきだと思う

 「思う」(68.3%)   「思わない」(24.9%)

 

 【問】小沢氏は国会の証人喚問や参考人招致に応じるべきだと思う

 「思う」(94.3%)   「思わない」(4.9%)

 

 【問】検察審査会の議決を控えている人物は総理大臣になるべきではないと思う

 「思う」(82.9%)   「思わない」(13.4%)

 

 …いや、いったい何をどう勘違いしたのやら、素晴らしい決断でした。今回の代表選は、さぞや民主党の空恐ろしいまでの素晴らしい実態、内実を白日の下にさらし、また、小沢氏の崇高なる理念と理想を微に入り細を穿ち、世間にさらすことでしょうから。

 

 よくぞ、盟友の西岡武夫参院議長の「代表選に負けたら党から出て行く覚悟で」というありがたい忠告に従い、思い切って立候補してくれたものです。どれだけ感謝してもしたりない気持ちです。勝ったら、首相と代表の分離などと言わず、ぜひ背負いきれない重責を担ってほしいものです。

 

 私は、29日付の産経紙面「新民主党解剖・下」の最後に、こう書きました。

 

 《過去20年間にわたり、日本の政治の動きを一つのパターンに閉じこめてきた「小沢神話」は、今回の代表選でようやく終焉を迎えるか。それとも、政界はまだそこから自由になれないのだろうか。》

 

 代表選という公の舞台で、シロクロだかアカクロだかをはっきりつける機会が訪れました。これまでのエントリを読んでいただければ、私が菅氏やそのスタッフを評価しているわけでももちろん支持しているわけでもないのはご理解いただけると思いますが、今は期待しているのです。

 

 今回、ルーピー(本名は忘れました)は伝書鳩となってくるくると飛び回った揚げ句、小沢氏への支持表明を繰り返しています。鉄面皮だか豪腕だかを道連れに、一緒に遠い宇宙の彼方に飛んでいってくれることを心から希望します。菅氏らのことは、その後また…。とりあえず、両陣営の丙丁つけ難いであろう選挙戦をいろんな角度から報じたいと思います。