昨晩、都内某所で行われた安倍晋三元首相の講演を聴く機会があり、とても良いエピソードをそこで聞いたので紹介します。といっても、現在の政治の話ではありません。

 

 安倍氏が、父の故晋太郎元外相と二代で親しくしてきた日系2世の米国人に、ジョージ・リョーイチ・アリヨシという人がいるそうです。そう、1974年から1986年にかけて米ハワイ州知事を務めた人物です。安倍氏はアリヨシ氏から直接、こんな話を聞いたとのことでした。

 

 1946年(昭和21年)のこと。当時、連合国軍総司令部(GHQ)の通訳として東京・丸ノ内で働いていた20歳のアリヨシ氏は内心、葛藤を抱えていたそうです。自分は米国人であるという自覚は持ちながらも、同時に、敗戦で焼け野原となった父祖の地で働くことにすっきりしない感情を覚えていたのです。

 

 そして、それは自身へのコンプレックスとなり、白人の上司・同僚たちとすれ違うときはつい伏せ目がちになってしまったといいます。

 

 そんなときに、アリヨシ氏は靴磨きの少年と知り合い、仲良くなります。まだ7歳だという少年は身なりはボロボロで汚かったそうですが、とても礼儀正しく気持ちのいい働き者でした。アリヨシ氏はある日、その少年にちょっとしたプレゼントを贈ろうと考えました。

 

 アリヨシ氏はGHQが接収していたビルの食堂で、パン2枚にバターとジャムを塗ったサンドイッチをつくってもらいました。そして、靴磨きの少年に「お腹かがすいているんだろう。お食べなさい」と渡しました。

 

 すると少年は、丁寧におじぎをして礼を述べましたが、サンドイッチは袋で包んで道具箱にしまい、食べようとしません。そこでアリヨシ氏が「遠慮しなくていいんだよ。いま食べたらどうだい」と言ったところ、少年はこう答えたといいます。

 

 「ありがとうございます。でも、これは持って帰って3歳の妹と二人で分けて食べます。僕にはもう家族は妹しかいません。大切な妹なんです」

 

 これを聞いた若き日のアリヨシ氏は衝撃を受けました。おそらく戦災孤児である幼い兄妹が助け合い、しかも正々堂々と誇りを持って生きている。それまで自分がアジア系であること、日系であることにコンプレックスを感じていたのが、自分はこんなに立派な日本人の血を引いているのだと心底誇りに思えるようになり、白人の上司や同僚にも全く引け目を感じることがなくなったというのです。

 

 そしてそのときの体験、得た自信が、後のアリヨシ州知事をつくったのでした。

 

 ちなみに、少年の妹の名前はマリコと言い、後に再来日した際などにアリヨシ氏はずいぶん探したそうですが、見つけることはできなかったようです。

 

 …講演のエピソードはこんな内容でしたが、私は不覚にも目が潤んでしまいました。そして、現在の情けなくみっともない我が身を恥じ、反省させられた次第です。こういう兄妹をつくった昔の「教育」はやはりたいしたものだったのでしょうね。今は…。