柳田稔法相の更迭、北朝鮮による韓国砲撃事件と続き、落ち着かない日々を送っています。私はこれまでも何度か書いてきた通り、3年前の参院選を終えた時点で、日本は今後10年は時を失うのだろうと考えていたので、今さら現状に慌てふためいて消耗しても仕方がないのですが、それでも、現政権のあり方にはつい、「なんだかなあ…」とため息をついてしまいます。

 

 そこで、今回も闇夜を照らす一筋の希望の光であり、すべてのストレイ・シープたちの導き手であるすんなりとした姿が色っぽい「柳腰さん」にお出ましいただきました。その未来を見通す含蓄あふれる言葉をかみしめ、明日への活力を取り戻そうと思います。きっと彼なら、日本の目指すべき将来像を明確に示してくれることでしょう。

 

  ただでさえ、民主党政権は統治能力を失い、国民の信頼もなくしているのに、ここにきて北朝鮮がまた暴発しました。この危機の時代に、ひたすら頼りない政権与党の姿をみると、絶望すら覚えてしまいます。菅内閣の対応は余りに遅く、昨日夕の菅直人首相のぶらさがりインタビューでは、北朝鮮への批判と怒りすら表明されず、ただ当惑し、おどおどした首相の顔が印象に残っただけでした。危機管理への取り組みが感じられません。

 

柳腰さん この一年半ぐらい、政党のマネージメントとかガバナンスというものがなんなのだろうか、とにも角にも民主党にはそのようなものが一切ない、そのような感覚で政党人として政治家として今日までまいりました。(2006年4月27日の勉強会あいさつ)

 

  そうですね。もともと主義主張も方向性もバラバラだった集団を、小沢一郎という人がある種の恐怖政治で一つにまとめていたのが、その重しがなくなっていよいよ収拾がつかなくなりましたね。でも、党側だけではなく、首相官邸も烏合の衆という印象です。その小沢氏に9月の代表選で菅首相や仙谷由人官房長官は一応、勝ったわけですが、その先のことは考えていなかったのか。

 

柳腰さん 社会保険庁の問題をみましても霞が関総体の問題をみていましても、あるいは官庁と政治との関係をみていましても、いわゆるマネジメントが全くない。首相官邸にもない。こんなマネジメントを、あるいはガバナンス、経営のやり方をやっていれば民間ならとっくの昔に倒産しているということは誰の目から見ても明らかだと思いますが、そこのところを切り替えることができない。(07年6月26日、同)

 

  政権交代によって、これまでの膿を出すことができ、新たに生まれ変わることができるのではないかと期待した人も多かったのですが…。自民もダメ、民主もダメという空気が生まれてきました。それなのに国会では、仙谷氏をはじめ菅内閣の閣僚の暴言、失言、虚言、寝言の数々によって、まともな議論が成り立ちません。

 

柳腰さん やはり日本がどういう政治の質あるいは成熟度をこれから持つことができるか、作っていけるかというのが大変大きな課題になってきた。それ以前に時間がなくて国民の多くの方々が『もう政治はダメだ。日本の政党はダメだ』というふうに三下り半をつきつけられたときに、その先は何なのかというのは大変悩ましい話です。そうなる前にしっかりとした議論ができる政党、あるいは政治家と有権者との関係、すなわち政治のありようを改めて考えながら行動していかなければならない」(08年6月25日、同)

 

  国民はすでに、菅政権はもうダメだと感じているのではないでしょうか。産経とフジテレビの世論調査の21.8%に続き、最新の共同通信の調査でも内閣支持率は23.6%にとどまりました。明確に政権末期です。国民は早くもこの政権にうんざりしているようです。現状をどう見ますか。

 

 柳腰さん 私は昨年から『自民党はここまで朽廃している』ということを言っています。『朽廃』というのは、借地借家法で出てくる用語ですが、ここまでなってくるというのは、今までの政治をみる常識からすればちょっと異常も異常ということになろうかと」(09年2月19日、同)

 

  さすが法律に詳しい柳腰さんですね。でも、今の状態は仮にそうだとしても、それでは政治が国民の信を取り戻すためにはどうすればいいのでしょうか。とにかくこの暗い、どんよりと停滞した閉塞感を何とかしなければと思うのですが。

 

柳腰さん 日本の政治が『官治』から『法治』へ、法の支配が貫徹する政府を作らなければなりません。(中略)国権の最高機関たる国会が今までとは違った発想で、『公開と説明』の原則のもと、議論の場として運営がされなければならないし、政党がそのために有効な人材(議員、候補者)を作り出す機能をもつ必要があると考えています。(09年6月17日、同)

 

  はい、まさしくそうですね。中国漁船衝突事件の映像封印や、自衛隊施設内での政権批判封じ込めはおかしい。やはり「公開と説明」こそが大切ですね。それをやってこそ、初めて議論が正面から成り立ちうると。ところが、菅政権は現在、かつてはあれほど批判していた公明党・創価学会と何とか手を結ぼうと必死のようです。自公政権を嫌い、民主党に投票した有権者をも裏切る行為のようにも見えます。

 

柳腰さん 日本のこの重大な局面で、自民党が公明党の補完的な援助を得て無理やり政治を維持してきたということは、つまり統治する才覚というのが全くなくなっていることだ。(同)

 

 …柳腰さんは本日も手厳しいながらも愛情を込めて、政治の現状を斬ってくれました。特に、この危機的状況における公明党との連携の策動については鋭い批判の目を向けているようです。今回の対話を通しても、柳腰さんがかなり、政府や政党、そして国家全体のガバナンスに着目し、重視しているかが伝わり、私もほっとさせられるやら、めまいがするやらです。

 

 ちなみに、柳腰さんは、ジャーナリストのUさんを講師に招いた勉強会(09年2月19日)のあいさつでは、自ら「いろいろなことでお話をさせていただいている関係」だというUさんについてこう称賛しています。

 

 「やはり調査の視点、方法、そして分析、文章力ということなのでしょう。大変しっかりした仕事をされているなと感心していたところです」

 

 これに対し、講演でUさんもこう語っていました。

 

 「民主党の結党からずっと関わってきて、仙谷さんにもいろんなアドバイスをいただきました」「基本的に講演は、特に政治家個人が主催する会での講演というのはお断りしております。(中略)鳩山家関係者からの依頼があれば、原則を解除してお話をするというルールを適用しているので、そういうことで皆さまにお話をしたいと思っております」

 

 …うーん、つまらない話を付け加えてしまいました。蛇足でしたね。すみません。