昨日は参院予算委委員会で、自民党の山谷えり子氏が韓国による「国際慰安婦宣伝活動」について質問していました。私は野田佳彦首相について、そう評価するつもりはありませんが、答弁を聞いて、「2人の前任者でなくてよかったなあ」とは感じました。鳩山由紀夫、菅直人両元首相であれば、答弁はもっと韓国側の主張に押されてぐずぐずになっていたろうと率直に思います。

 

 そして、それと同時に、やはり何の根拠もなく、裏付けもとらずに元慰安婦女性からの聞き取り調査だけで慰安婦募集時の「強制性」を認めた河野洋平官房長官の罪深さに改めて悲しくなりました。

 

玄葉光一郎外相はこの日の答弁で、この河野談話を根拠に「証拠は出ていないけれどただ否定できない」と述べましたが、この談話は日本政府の手かせ足かせとなっているだけでなく、現状追認の言い訳材料ともなっているわけです。以下、予算委でのやりとりです。

 

山谷氏 米ニュージャージ州に設置されたいわゆる従軍慰安婦記念碑に刻まれているものについて。軍と下半身というのは、いつの時代でもどこの国でも大変悩ましい問題だ。歴史に対して謙虚でなければいけないが、しかし事実でないことにはきっちり説明、発信していかなければならない。首相、恐縮だが、外務省の仮訳を4行ほど読んでほしい

 

玄葉外相 仮訳をそのまま読めということなので、そのまま読むが、「1930年代から45年までの間、日本帝国政府の軍によって拉致された20万人以上の女性と少女を記憶にとどめ、慰安婦として知られる彼女たちを誰も見過ごすべきではない人権の侵害に絶えた。われわれはこのような人類に対する罪の恐ろしさを忘れまい」というふうに記されている。

この碑が建ったということについて、われわれもしかるべき関係者の皆さんに申し入れを行った。この碑は、1万7000人くらいの街だが、3分の1は韓国系であると。全米で一番多い町だ。だから、これから引き続き状況を注視しながら適切に対応したい

 

山谷氏 総理に聞く。日本帝国政府の意によって拉致された20万人以上の女性と少女って、軍によって拉致されたのは事実か

 

野田首相 日本政府の軍によって拉致された20万人以上。こういう数値とか経緯とか含めて根拠がないのではないかと思う

 

山谷氏 ワシントンにロビイストがいないのは日本だけ。韓国は精力的にやっている。外交戦略の中できっちりと事実を説明していく外交を。

ソウルの日本大使館前に作られた平和の碑という少女の像だが、文章はこうなっている。2011年12月14日、日本軍性的奴隷問題を解決するための水曜デモが1992年1月8日に日本大使館前で最初の集会を行ってから1000回目を迎えた。この平和の碑は水曜デモの精神と深い歴史を記念して立っているものだと。

水曜デモには民主党の国会議員も入れ代わり立ち代わり参加している。民間事業者が当時、一般誌にも広告を出して慰安婦募集、月給はいくら、行き先はどこ、年齢はこれくらいというようなことはあった。しかし、拉致、アブダクションということもなかったし、セックススレイブということはなかった。ジャパニーズミリタリーセクシュアルスレイバリーって、こういうのはあったのか、総理答えて

 

野田首相 経緯とか実態については、いろんなお話があるが、このことが正確なことを記されているかというと、大きく乖離しているというふうに思いますし、この碑を建てたことについては大統領にも早く撤去するように私のほうからも要請した。

 

山谷氏 だが、大統領は昨年12月17日の京都での日韓首脳会談で第二、第三の像ができるぞと。どう説明したのか

 

野田首相 相手の大統領が慰安婦の問題についての懸念を私に伝えたことは事実だが、何をどれぐらい、何を言ったかはコメントを控えたいと思うが、わが国は法的にはもう決着しているとの立場は明確に伝えている

 

山谷氏 日韓基本条約のことだ。しかし、道義的にはどうかということでアジア女性基金で女性にお渡しできた。歴代総理は何代も謝罪している。この認識は同じか

 

野田首相 一貫して1965年の日韓基本条約で法的な立場はもう決着していることは歴代政権申し上げてきている。その上で一つの考え方、人道支援としてアジア女性基金、かつての政権下の中で民間の協力も頂いてつくり、今もそのフォローアップをしてきていることは事実だ。

 

山谷氏 軍や官憲の強制的連行の資料は見つからなかった。平成9年の国会答弁で内閣官房外政審議室長が言っている。19年の政府答弁もそうだ。今の野田内閣も同じか》

 

玄葉氏 基本的に政府がかつて調査をした。その調査結果を基本的に踏まえていると。おっしゃるとおり、証拠は出ていないけれど、ただ否定はできないということだと思う。

 

山谷氏 どういうこと?

 

玄葉氏 河野官房長官談話は、どういうことを書いているかというと、慰安婦の募集は軍の要請を受けた業者が、主としてこれにあたったが、その場合も甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められる事例が数多くあり、さらに官憲等がこれに加担したこともあったことが明らかになったと。当時の朝鮮半島はわが国の統治下にあり、募集、移送、管理等も甘言、強圧による等、総じて本人たちの意思に反して行われたというふうに河野官房長官の談話には記してあると承知している

 

山谷氏 証拠はないが否定できない、なんておかしな答弁しないで。いろんな大臣をつくるなら、国家名誉回復大臣でもつくれば

 

玄葉氏 政府の基本的な立場は、河野官房長官談話の通りだ。》

 

 ……それにしても、「日本軍による20万人以上の拉致」って何ですかね。こうした荒唐無稽な戯れ言も、百編繰り返されると何となく本当のことであるかのように勘違いする人がたくさんいるから警戒しなければなりませんが、あまりにもデタラメですね。

 

 朝日新聞などが21日に韓国の李明博大統領と共同会見した際の記事(22日付朝日)によると、李氏は、解決済みの慰安婦問題を蒸し返す根拠について、こう主張したそうです。

 

 《日本政府の立場の根拠となっている1965年の日韓請求権協定の締結時には「慰安婦問題は明らかになっていなかった」と……》

 

 これはすでに多くの人が指摘していることですが、当時の朝鮮半島は日本の一部でした。そこで、20万人以上の少女や女性を軍が拉致してその記録文書が一切ないというのもありえない話です。

 

 また、それ以上に李氏が言うように「明らかになっていなかった」だけだとしたら、朝鮮半島の人たちは、同胞の少女や女性が20万人以上も軍に強制連行されても気づかなかったか、全く知らんぷりして日韓基本条約が結ばれるまでの戦後20年間も全く関心を持たなかったか、ということになりますね。もしそうだとしたら、これは韓国や北朝鮮にとって国恥ものでしょう。

 

 何年か前のエントリ《「河野談話前夜・谷野答弁と福島弁護士とその時代」(http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/177563/)など》で平成5年当時の新聞各紙の記事を紹介して書いた通り、20年ぐらい前に慰安婦問題が最初にクローズアップされたときには、日本側の報道も当初、こういう北朝鮮や韓国の反日団体によるプロパガンダを無批判に流し、まるで事実であるかのように垂れ流していました。まだまだ左派・リベラルが強い時代でもあり、日本軍のあれこれについてはとりあえず批判しておけばいい、軍批判ならば内容の信憑性はあまり問われないという時代でした。

 

 このころから平成89年ごろまでは、日本社会も自民党も、当時の社民党の辻元清美氏らから盛んに「社民化してきた」と言われていましたね。民主党政権になって再び一部で「社民化」がぶり返しましたが、もう元には戻りません。日本ではその後、各種の研究・検証が進み、言論空間も多少ながら正常化して、慰安婦問題や南京事件に関するデタラメな言説への批判も当たり前となってきました。もう国民はかつてのようにはだまされはずです。

 

 韓国側は、日本側のこうした変化に気づかず、昔の流儀で脅かしてきたり、嫌がらせをしてきたりしますが、それはもう心ある日本国民の反発を買うだけでしょう。互いのため、いいかげん、もうやめた方がいいですね。

 福井行きのおまけです。

 

   

 

 さすが福井というか、コンビニにもソースカツ丼弁当がありました。ヨーロッパ軒には残念ながら、行く機会がありませんでしたが……。

 

 あと、やはり福井名物のある鍋を食べた後、最高の雑炊もいただきました。これは本当においしかった……。特に◯◯ミソのかすかな苦みと◯◯の甘みが溶け合って。

 

   

 

 あと、当地を訪れて初めて知った朝倉義景の辞世の句にひかれました。

 

 七転八倒四十年中 無他無自四大本空

 

 四十年間、転げ回ってもだえ苦しみ、そして本来の空へと帰ると……